施設案内

医療・介護・福祉
リハビリテーションを中心として笑顔と真心をこめたケアをめざします

施設概要

医療法人社団宏仁会
介護老人保健施設グリーンハウス宏喜苑

理事長 寺岡俊人

理事長 寺岡俊人

理事長 寺岡俊人

医療と介護の両面に専門職員を配置している老健施設は、地域包括ケアシステムの中心的な役割を果たす使命を担っています。

当施設では、1日でも長く居宅での生活を維持できるよう高齢者の「在宅生活支援」に重点をおいたサービスを提供させていただいております。 それぞれの身体の状態に合わせた看護・介護・リハビリを中心としたケアと、日常生活支援の提供を行いながら、ご家族の負担を減らすとともに、利用者様の自立を促し、地域と連携しながら在宅復帰のための環境づくりをサポートさせていただきます。

グリーンハウス宏喜苑は太陽の光が差し込む明るい光庭と展望浴場、温水プールが自慢の施設です。この施設では90名の入所者様とデイケアとデイサービスの利用者様が毎日リハビリに取り組まれています。

これらの利用者様がより快適に過ごせるよう、それぞれの職種がチーム一丸となってサービスの提供に努めさせていただきます。

施設長 有澤 正

施設長 有澤 正

施設長 有澤 正

この度、介護老人保健施設グリ-ンハウス宏喜苑の施設長に就任致しました有澤でございます。自己紹介を兼ねて、ご挨拶をさせていただきたいと思います。

私はS60年に岡山大学医学部を卒業し、同年岡山大学脳神経外科に入局致しました。以来34年間、大学での3年間の勤務及び研究以外は、いわゆる地方の中核病院の第一線で勤務して参りました。具体的には、呉共済病院・岡山労災病院・尾道市民病院・高知県立安芸病院・岡山国立病院、直近ではH11年からH31年3月まで20年間福山市民病院でお世話になりました。

その間の診療内容としては、当然ですが、主に脳卒中・頭部外傷・脳腫瘍や髄膜炎~脳膿瘍などの感染症など救急急性期医療に関わってきましたが、しびれや痛みや麻痺あるいは歩行障害などを来す脊椎疾患やパーキンソン病等の変性疾患、あるいは意識障害を来すような内科的疾患などにもどうしても頼りにされるので携わってきました。また頭部外傷だけではなく多発外傷にも必然的にかかわることも多く、上記の様な疾患の重症患者様をICUで管理することも日常的でした。

今までは急性期の病院で勤務し、急性期の治療後十分回復していない患者様について亜急性期の病院や慢性期の施設に大変お世話になってきましたが、これからは反対の立場で急性期病院を支えていくことになるとともに、慢性期の患者様の治療ケアを行っていくことになります。慣れないことや至らないところがあり、色々とご迷惑をおかけすることも多々あるかと思いますが、施設長として急性期医療の経験を活かして、感染管理や服薬管理などの全身管理や安全管理をしっかり行い、施設職員と共に入所患者さんが安心して療養できるよう努めて参りたいと考えております。

宜しくお願いいたします。

事業内容

収容定数

入所定員 90名
(予防)短期入所療養介護 空床利用
(予防)通所リハビリテーション 60名
(予防)通所介護 20名

面会時間

午前9時から午後8時まで

緊急時の協力病院

設備

鉄筋コンクリート6階建(「施設案内写真」もご覧ください。

  • 療養室(特別個室…10室・A個室…16室・B個室…64室)
  • サービスステーション
  • デイケアルーム
  • デイサービスルーム
  • プール
  • 診察室
  • 機能訓練室(日常動作訓練室・言語訓練室)
  • 一般浴室(展望風呂)
  • 特別浴室
  • 食堂
  • レクリエーションルーム
  • 相談室
  • 事務室

「施設案内写真」へ

施設のご案内(案内板)・・・第三期工事竣工後の様子

画像をクリックすると拡大表示します。

沿革

平成8年11月18日 介護老人保健施設グリーンハウス宏喜苑開設
平成9年6月 在宅介護支援センター宏喜苑開設
平成11年10月 居宅介護支援事業所宏喜苑開設
平成18年3月31日 在宅介護支援センター宏喜苑廃止
平成18年4月1日 福山市地域包括支援センター南本庄設置
平成31年1月16日 新施設への移転完了(第一期工事竣工30年12月15日)
令和2年4月4日 第二期工事竣工

関連施設

〒720-0077 広島県福山市南本庄三丁目8番17号
 福山駅から徒歩20分、鞆鉄バス・中国バス「本庄」停留所から徒歩5分  交通案内